menu

とっておきの御朱印帳を片手に、
一期一会の御朱印巡り

御朱印帳とは?

一般的な蛇腹(じゃばら)折の御朱印帳は
2ツ折された4ページ分の紙を
交互に積み上げて
1折毎両面に刷毛で糊付けされています。
全てが手造り工程のため、高度な職人の技術が必要な製品でした。

SOWA LABOではこの度
出来るかぎり手作業を機械化し、
原紙に特殊加工を施して
「墨が裏面に染み出ない御朱印帳」
として2つの問題を同時に解決する
製品を開発いたしました。

ご購入等のお問い合わせは
こちらから

SOWA LABOの御朱印帳の特長

「墨が裏面に染み出ない御朱印帳」は、
特殊加工された紙を使用することで
墨が浸透し過ぎずに裏面が汚れる心配を
軽減した企画です。
(状況により稀に墨が漏れることもあります)



最も大事な実際の書き味については、
御朱印帳向けに抄造(しょうぞう)された
専用紙をそのまま採用しており、
その証明として、実際にご自身で
ご確認して頂けるように「お試しサンプル」
を同封しております。

ご購入等のお問い合わせは
こちらから

解説動画

テレビで紹介されました!KBS京都 京bizX スグレモノコーナー

Youtubeチャンネルを作成しています。
御朱印帳に関する動画をアップロードします。

ご購入等のお問い合わせは
こちらから

「御朱印帳 蛇腹和紙」絶賛発売中です

新発売 御朱印帳 蛇腹和紙 を使った第一弾の試作品です。
1ケースで50冊分の蛇腹です。1列25冊分が2列入り。
連続した材料ですので、お客様ご自身が必要ページ数で
カットをしていただくご提案です。



1列分を全てテーブルに展開しました。
1列分を引っ張ると全長74mまで伸び、
片面計算では1,252面となります。
一箱では2,504面です。

解説動画

御朱印帳以外にも、結婚式の寄せ書き、卒業式のサイン帳、
赤ちゃんの成長記録(足型)、パノラマスケッチブック、パラパラマンガ、
家系図、書道、水彩画教室等の教材用、従来には無かった便利な和紙材料として、
ご活用いただければ幸いです。

ご購入等のお問い合わせは
こちらから

SOWA LABOについて

SOWALABOとは
物作り好きな早和製本の職人達が、人に役立つ
「面白可笑しい製品」を目指して、
あの手この手で製品化をしたブランド名です。

”SO”には肯定的かつ、とても?的なロックな響きもあり、
”WA”には京都らしい和を感じ”SOWA”を選びました。
”LABO”には自由闊達な現場に研究所が重なりました。
また、
早和製本の文字は入力後の変換が一回では完了しない
漢字ですので、外国の方にも優しく、誰にでも簡単に変換ができ、
検索しやすいアルファベット ”8文字”だけにしました。

勝負はあきらめない限り負けにはならない!をスローガンに
延べ2年を費やし、今回第1号の御朱印帳開発ができました。

これからも、
製品を手に取られたお客様が 「なるほど!」 と笑って頂きたく、
人に役立つ製品を造り続けたいと思います。

代表取締役社長  津岡 正男

made in kyoto japan

ご購入等のお問い合わせは
こちらから

購入・お問い合わせ

下記のお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ購入することができます。
各ご連絡先、商品名を入力の上送信してください。
商品のサンプルのご要望などもこちらからお送りください。
amazonページにて購入することができます





topへ